【海外の反応】コリアン速報

海外の反応(主に韓国人の反応)をまとめているサイトです。

    韓国の問題に対する韓国人の反応をまとめているブログです。

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4

    原子力規制委員会委員長が、福島第1原発汚染水を海に流して処理する方法について「科学的な意味で実行可能な唯一の処分方法である」と述べた。

    22日の東京新聞、日本経済新聞によると、委員長は前日の記者会見でこのように言った、「基準を守って実施される以上の環境や海産物に影響を与えるとは到底考えられない」とし、海洋放流に賛成するという意思を明らかにした。

    また、日本政府が福島原発汚染水を海洋に放流することに決定した場合、「放流1年前から海洋での放射性物質モニタリングを強化する」とし、海洋放出支持の意思をより明らかにした。

    これに加えて福島汚染水の風評被害(風評被害・不適切口コミなどによる被害)については、「事故で破損し原子炉を経てきた水(汚染水)に対し(海洋放出に)強い抵抗感があるのは知っている」とした。

    それとともに、その対策として汚染水を海洋に放流する前後に、放射性物質の濃度に関する情報を正確に公開し風評被害を抑制することとした。

    福島第1原発1〜4号機では2011年の東日本大震災当時、爆発以来溶け出した燃料を冷やす循環冷却水に雨水や地下水が流れて混ざり汚染する現象が引き続き発生している。

    オリジナル表示


    東京電力は、汚染水を多核種除去設備(ALPS)と呼ばれる装置でろ過して貯蔵タンクに入れて原発敷地内に保管している。このように保管している汚染水は、9月には123万tに達する。汚染水を保管するタンクの容量は2022年の夏に限界に達する見込みである。

    先立って去る21日、菅義偉首相は、福島第1原発から発生する放射性汚染水処理方法について早急に決定する方針という立場を明らかにした。

    日本経済新聞によると、菅首相は「いつまで方針を決定せずに先送りすることはできない」と語った。

    日本政府が福島汚染水を海に放流して処理する方針を今月内に決定することをメディアの報道では「現時点での方針や時期を決定することはなかった」と否定した。 【日本原子力規制委員長「汚染水の放流は唯一可能な手段だ」←韓国人「お前らが飲んで処理しろ!」】の続きを読む

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4
    菅首相は21日、日本徴用被害者訴訟問題に関連し、韓国で差し押さえされた日本企業の資産が現金化されることは韓日関係に、非常に深刻な問題をもたらすので絶対に避けるべきだと述べた。

    菅首相はこの日、インドネシアの訪問中に首都ジャカルタでの記者会見で、日韓間の最大の懸案である徴用被害者の賠償問題に関する質問に「これまで何度もコメントしていた」と述べた。

    菅首相は、これまで日本製鉄を相手にした徴用被害者の賠償請求訴訟で韓国最高裁が2018年10月慰謝料を与えるように最終判決したのが1965年に締結された韓日請求権協定に反するものだと韓国政府が解決策を提示しなければならないという見解を明らかにしてきた。

    ムン・ジェイン大統領は対話を通じた解決の原則を強調していながら、 【菅 「差し押さえ資産を現金化すると日韓関係は深刻な状況になる」←「もう断絶しろ」「はやく現金化しろ」】の続きを読む

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4

    サムスン電子は日本のスマートフォン市場において、中国のHuawei社も押される結果となった。Huawei社は日本市場で3位に上がった。その理由の一つとして、日本人の韓国産製品の冷遇があると分析される。

    19日、グローバル市場調査会社のステータスカウンターによると、サムスン電子は今年1〜9月のスマートフォンとフィーチャーフォンを合わせた日本の携帯電話市場における売り上げで4位まで落ちた。一位はアップルで63%前後のシェアを誇り圧倒的である。2位は国内企業のソニーで3位はHuawei社となった。サムスン電子は4位であるがシェアでみると、アップルの10分の1の水準に過ぎないほど微々たるものである。

    アップルの本場である米国のスマートフォン市場でも、サムスン電子はアップルと激しい1,2位争いを繰り広げているが、唯一日本だけにおいては大きく遅れをとった。

    日本人はアップルをはじめとする米国の製品と自国製品に対する選好度が過度に高い。ここに中国のHuawei社が合流した形である。

    先にサムスン電子は 【日本市場で韓国産スマホが冷遇。←韓国人「こっちも不買運動だ」「日本人が貧困なだけ」】の続きを読む

    このページのトップヘ