オリジナル表示
イ・ジェヨン(一番右)サムスン電子副会長が6日、忠南牙山市サムスン電子温陽キャンパスを訪問しキム・ギナム(右二番目)DS部門の代表取締役副会長、バックホンジュ(右三番目)TSP総括副社長、ジンギョヨウンメモリ事業部長社長と現場を点検している。サムスン電子提供


サムスン電子が日本の輸出規制で供給に支障をきたしている半導体核心素材の一部を第3国を経由で迂回調達されていることが分かった。日本政府の輸出規制強化措置以後素材供給先の多様化に全力を注いだ結果が成果を出しているのだ。特に技術力を理由に、日本に全量依存している項目は、日本企業の第3国の子会社を通じてかけてきていると伝えられた。ここで素材の国産化のための投資も素早く行われており、供給の安定化に速度がついているという分析だ。

11日、日本経済専門メディア「日経アジアレビュー」は、「サムスン電子がベルギーの素材メーカーからフォトレジスト(感光液)を調達している」と報道した。フォトレジストは、高純度フッ化水素(エッチングガス)、フッ素ポリイミドと、日本政府が先月4日から施行されている輸出規制の強化対象の3大品目のうちの一つだ。報道によると、サムスンは、 【サムスン、 日本の子会社から核心素材をバイパス調達←韓国人「結局、日本から買うしかないのか?」】の続きを読む