【海外の反応】コリアン速報

海外の反応(主に韓国人の反応)をまとめているサイトです。

    韓国の問題に対する韓国人の反応をまとめているブログです。

    外交

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4


    「韓国は日本とは非常に異なる歴史を持っており、非常に異なる地政学的な状況にある。このような要因から、中国は韓国が米国との同盟から離脱する可能性がはるかに大きいと見ている。」 この公聴会は、米中関係を研究する専門家が議会に専門家の助言をする場だ。米国が経済・安保分野でどのように中国よりも優位性を維持するかに焦点が合わせられた。 韓国が中国の要求に降伏したわけではないが、中国に対抗しなければならないという姿勢では、 【米国「韓国は韓米同盟を脱退する可能性が高い、中国はそれをうかがっている」←韓国人「韓米同盟脱退などしない!」】の続きを読む

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4


    トランプ大統領は韓国と日本を狙って、米国の支援だけ受けて対価を払わない国々として追い立てた。「ただ乗り論」を超え感謝を知らない同盟国として問題視した。トランプ大統領の韓国に対する防衛費分担金大幅増額圧迫がさらに強まるとの懸念が高まっている。トランプ大統領は、米国が同盟国から得られた利益はごく僅かと批判した。

    トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスで中国との南シナ海紛争の取材陣の質問に答えてから、韓国と日本を引き出した。トランプ大統領は「私たちは非常に強力な同盟国をたくさん持っている」とし「そこにあるだけでも、多くの同盟に非常に大きな支持を施している」と述べた。

    トランプ大統領は続いて「私たちは日本を支援するために多くのお金を使っている」とし 【トランプ大統領「韓国や日本は支援してやってるのに米国に感謝しない」←韓国人「さっさと駐韓米軍を撤収しろ!」】の続きを読む

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4


    日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は韓国の国会議員が先月、独島を訪問したことに対し到底受け入れることができないという立場を明らかにしました。


    菅長官は今日、首相官邸で開かれた会見で「竹島は、歴史的、国際法上で明確に日本固有の領土であるだけに、韓国の国会議員らの独島訪問は到底受け入れることができない」と言いました。

    彼は事前に抗議して中断を要請したにもかかわらず、韓国の国会議員たちが独島訪問を強行したとして、このように述べました。

    それとともに外交ルートですぐに日本政府の立場を伝え、強く抗議し再発防止を要求したと付け加えました。

    菅長官は「NHKから国民を守る党」所属丸山穂高衆議院議員が独島を「戦争で取り戻すしかない」という趣旨のツイッター文を書いたことについては、 【日本「韓国議員の独島訪問は到底受け入れることができない」←韓国人「韓国の土地だ!日本人が文句言うな」】の続きを読む

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4


    日本政府は31日、韓国の国会議員らの独島訪問について、外交ルートを通じて強力に抗議した。

    NHK、毎日新聞などによると、日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長はこの日、駐日韓国大使館キム・ギョンハン大使に電話をかけ、「竹島は、歴史的事実に照らしても、国際法上でも明らかに日本固有の領土だ。到底受け入れることができない、非常に残念だ」と再発防止を求めた。金杉局長は続いて、日本は議員の独島訪問と関連して 【韓国議員独島訪問に対し日本「竹島は国際法上日本の土地、非常に残念 」←韓国人「歴史的にも国際法的にも韓国の土地だ!」】の続きを読む

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4


    ランドール・シュライバー米国防総省、インド・太平洋安全保障次官補が28日に、韓国の韓日軍事情報保護協定(
    GSOMIA)終了の決定について再考を促した。米政府の高位当局者が匿名にせず実名で、それも公式席上でGSOMIA終了決定に撤回を要求したのは今回が初めてだ。韓国政府はGSOMIA終了決定したことに対し、ずっと懸念・失望を表明してきた米国に向け、自制を要請した後、数時間ぶりの要求であった。GSOMIA終了決定のによるアメリカの激しい反応をもう一度確認したいう分析が出ている。

    シュライバー次官補はこの日、ワシントンDCの代表的外交・安保シンクタンク戦略国際研究所(CSIS)が用意したビクター・チャCSIS韓国客員との対談の席で、 【米国「韓国の要請を無視、数時間後にGSOMIA延長を再要求」←韓国人「米国は中立を守れ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ