【海外の反応】コリアン速報

海外の反応(主に韓国人の反応)をまとめているサイトです。

    韓国の問題に対する韓国人の反応をまとめているブログです。

    日本

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4


    日本政府が国際原子力機関( IAEA)総会で韓国が日本の福島原発汚染水の海洋放出検討問題を公論化したことについて遺憾の意を表した。

    日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は17日午後の定例記者会見で、「韓国が IAEA総会で、韓国(日本)の福島原発関連の取り組みを批判する政府の演説をした」とし「(韓国の主張は)風評被害(噂による被害)を起こすことができるもので極めて遺憾である」と述べた。

    また「韓国側の主張は事実関係と科学的根拠に基づいていなかった」とし 【日本政府「IAEAでの韓国の福島原発汚染水批判は事実無根」←韓国人「科学的根拠がないのは日本の方だ!」】の続きを読む

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4


    安倍晋三首相が河野太郎外相を防衛相に任命する案を検討中だと、日本の産経新聞が8日報じた。

    報道によると、安倍首相は最近、韓国政府が韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了の方針を明らかにした中で、日米韓3カ国の安全保障協力の強化を図るため、河野外相を防衛相に起用する案を検討している。

    河野外相は、マイクポンペイオ米国国務長官と厚い信頼関係を築いてきた。安倍首相は、彼が韓国最高裁の強制動員賠償判決が国際法違反だと主張し続けて是正を要求したことを「毅然とした対応」と評価していると産経は伝えた。

    河野外相は最近、各国の報道機関に寄稿をし、 【産経「安倍首相、新防衛相に河野外相を任命検討」←韓国人「聴聞会もせずに決めるなんて後進国だ」】の続きを読む

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4


    日本の日産自動車が韓国市場から撤退することを検討しているとフィナンシャル・タイムズ(
    FT)が6日に報じた。韓日関係の悪化で、日本の自動車の販売が急減することに伴う対応措置とみられる。

    FTによると、日産は数ヶ月間で、韓国で自動車を継続して販売するかどうかを分析してきた。しかし、韓日間の外交及び貿易紛争が日本製品不買運動に急激に拡散され、撤退の議論が急流に乗らされたと業界関係者は伝えた。

    実際、韓国輸入自動車協会(KAIDA)の統計によると、日産の8月に韓国内の自動車販売台数は58台で、昨年同月に比べて88%減少した。2018年8月の日産の販売台数は459台だった。 【日産「不買運動により58台しか売れず韓国撤退」←韓国人「他のメーカーも撤退させよう」】の続きを読む

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4


    2020東京オリンピックとパラリンピック組織委員会が韓国側の度重なる要求にもかかわらず、来年の東京オリンピックで旭日旗の使用を何の制限もなしに許可するという内容を初めて明らかにした。これにより大きな波紋が予想される。


    東京組織委員会は3日の公式の回答書簡で「旭日旗、日本で広く使用されているため、防ぐ理由がない」と主張しました。

    東京組織委員会はまた、「旭日旗自体は、任意の政治的意味を持っていない。そのため禁止品目とは見なさない」と強調しました。

    東京組織委員会が旭日旗の使用を可能にすることにより、 【オリンピック組織委「旭日旗の使用を許可する」←韓国人「ボイコットしよう」「他の国はなぜ黙ってるんだ?」】の続きを読む

    8e247a6adc2d7efb0bdaa9dbc974deb4


    日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は韓国の国会議員が先月、独島を訪問したことに対し到底受け入れることができないという立場を明らかにしました。


    菅長官は今日、首相官邸で開かれた会見で「竹島は、歴史的、国際法上で明確に日本固有の領土であるだけに、韓国の国会議員らの独島訪問は到底受け入れることができない」と言いました。

    彼は事前に抗議して中断を要請したにもかかわらず、韓国の国会議員たちが独島訪問を強行したとして、このように述べました。

    それとともに外交ルートですぐに日本政府の立場を伝え、強く抗議し再発防止を要求したと付け加えました。

    菅長官は「NHKから国民を守る党」所属丸山穂高衆議院議員が独島を「戦争で取り戻すしかない」という趣旨のツイッター文を書いたことについては、 【日本「韓国議員の独島訪問は到底受け入れることができない」←韓国人「韓国の土地だ!日本人が文句言うな」】の続きを読む

    このページのトップヘ